飲食店でトラブルを起こしやすい人物の傾向と対応方法

飲食店でのトラブルの原因と対処法

全ての人間は空腹時にはイラついている!?

飲食店のトラブル原因の半分以上はお客様が空腹だからトラブルになっていると言えます。
この文章を読んで、疑っているアナタ思い出してみて下さい。
会社でランチ前に会議を開くと全く会議が進まなかったり、反対意見が多くて企画自体が無くなりそうになっていたのに、ランチ後に会議の続きをやると順調に会議が進むことがありませんか?
家庭でも調理中の奥さんに会社のグチをこぼしたら、怒られたのに食後に同じグチを話したら同情されるという事があると思います。
この二つの例で解るのは、空腹だと人間関係が難しくなるという事です。

これは科学的にも「空腹時には低血糖になり、ホルモンを分泌して血糖値を上げようとする時のホルモンがアドレナリンで人は攻撃的になる」事が証明されています。
食事を取るために、「空腹の人、言い換えるなら空腹で攻撃的な人々」が集まる、飲食店ではこの為トラブルが発生しやすいと言えます。

トラブルを起こしやすい人の個性は?

飲食店で、疑問や要望があって質問や要求を伝える事は多くの人が行っている行為だと思いますが、それがトラブルと呼ばれる事柄になるのは、トラブルを起こしている人たちの個性にも原因があると言えます。
そこで、トラブルを起こしやすい人たちの個性の特徴をご紹介いたします。

まず挙げられるのは「固定概念が強いタイプ」の人はトラブルを起こしやすいと言えます。
固定概念が強いと自分の中の基準から外れている場合、もう不満が溜まってしまい、その上また固定概念のせいでどんどん不満が大きくなります。

次は「ストレスをためている人」少し範囲が広いですが、もう少し詳しく言うと「ストレスを溜めていて、八つ当たりをしたくて仕方が無い人」だと言えます。
相手の落ち度を探して、何かいってやろうと考えている人なので大変厄介だと言えます。